商品レビュー&画像付きお客様の声を投稿して1,000ポイントプレゼント

い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

寒い冬には欠かせないポカポカふかふかのこたつ。おしゃれなデザインのものからベーシックなスタイルのもの。リビング用の大判こたつから、一人暮らし用の省スペースなものまで。イケヒコでは、幅広いラインナップを取り揃えております。ライフスタイルに合わせて、こたつでお部屋をおしゃれにコーディネート!

こたつ 人気ランキング TOP5

  

こたつの電気代は節約すると安くなる

寒い冬はストーブやエアコンの暖房機能もいいですが、芯から温まれるこたつも外せませんよね。ポカポカと身体が温まって気持ちがいいので「こたつから出たくなくなる!」という人も多いはずです。ところでこたつの電気代ってどれくらいかかるかご存知でしょうか。そもそもこたつって他の暖房機器のように電気代を節約できるのかも気になるところですよね。そこで今回はこたつの電気代や上手に節約する方法を解説します。

こたつの電気代ってだいたいどれくらい?

じんわり身体を温めてくれるこたつ。愛用している人でも、こたつを使うとどれくらい電気がかかるのか知らないという方も多いのではないでしょうか。こたつの電気代はサイズにもよりますが、1時間当たりたったの2〜5円程度です。5円かかるサイズは4人以上で使える大きなサイズなので、4〜5人くらいの家族でこたつを使っても、電気代がそれ以上高くなるということはありません。販売されているこたつのスペックを見ると、消費電力が500~600Wとなっているものが多いのですが、500~600W消費するのはこたつが温まるまでです。こたつはこたつ布団をかけていることで保温性が高いため、一度温度が上がると弱で100W、強でも200〜300W程度しか電力を消費しません。電気代はエリアによっても異なりますが、1kWh25円として計算すると、100Wで2.5円、200Wで5円ということになります。

他の暖房機器と比べてこたつの電気代は安い?

1時間で2〜5円と言われても、それが他の暖房機器と比べて安いのかちょっとわかりませんよね。他の暖房機器と比べてみましょう。エアコンの電気代は設定温度や性能によって幅が大きいのですが、8畳用のエアコンを1時間使うと約2〜39円かかります。年式が古ければ古いほど電気代が高くなると考えてください。またこたつと同じように芯から温まるハロゲンヒーターは1時間使うと約18円、ホットカーペットは2畳タイプで約6〜9円です。これらの暖房機器と比べると、圧倒的にこたつの電気代が安いことがわかります。

こたつの電気代を節約する方法1.こたつ敷布団かカーペットを敷く

こたつの下にこたつ敷布団かカーペットを敷くと、もともと高いこたつの保温性がさらに高くなるため、消費電力を抑えられます。真冬はさすがに電源をつけなければ寒いですが、少し暖かくなってきた時期に敷布団かカーペットを敷いておけば、電源を入れなくても暖かく過ごすことができるでしょう。

こたつの電気代を節約する方法2.こたつ敷布団の下にさらに断熱シートを敷く

さらに保温性を高めるためには、こたつ敷布団の下に断熱シートを敷くのがおすすめです。断熱シートはアルミ製のものが特に保温性を高めてくれます。しっかり電気代を節約したいなら、断熱シートも取り入れましょう。

こたつの電気代を節約する方法3.こたつテーブルのサイズ+110㎝以上の掛け布団を使う

こたつ掛け布団はこたつには欠かせないアイテムですが、その大きさも電気代節約のポイントです。こたつ掛け布団が大きいとこたつと床の間に空気の通り道ができないため、それだけ保温性が高くなります。またこたつ掛け布団の厚さも重要です。薄い布団よりは暑い布団の方が空気を逃しません。こたつテーブルの脚が長い場合は、+110cmよりも大きな掛け布団を選びましょう。

こたつの電気代を節約する方法4.ヒーターの設定は弱にする

こたつのヒーターは弱・中・強という設定があります。弱にして1時間使った場合の電気代は1時間で約2~3円、強の場合で約5~6円です。電気代を極力節約したいのであれば、弱設定にするのが大きな節約になります。こたつ敷布団や断熱シート、こたつ掛け布団で工夫すれば弱でもしっかり温まります。

こたつの電気代を節約する方法5.フラットヒーター式のこたつテーブルに変える

最近のこたつはフラットヒーター式が多く、人気も高いです。ハロゲンや昔ながらの石英管と比べると消費電力も低く、熱すぎず程よく身体が温まります。温まるまでは時間がかかるのですが、一旦温まれば他のタイプと同じくらい暖かいです。つけてすぐ温まるタイプがいいという方には向いていませんが、気にならないのであればフラットヒーターにすれば電気代が抑えられるでしょう。

工夫次第でこたつの電気代はもっと安くなる

こたつの電気代は他の暖房機器と比べてもかなり安いです。ただ工夫すれば今よりもっと電気代を抑えることができます。今回紹介した節約方法を参考にして、こたつの電気代の節約にチャレンジしてみましょう。電気代を抑えながらも、暖かく快適な冬が過ごせますよ。またエアコンやハロゲンヒーターなど他の暖房機器とうまく組み合わせて使うことで、電気代を抑えながらこたつから出ても快適に過ごせるでしょう。

こたつやこたつ布団についてのよくある質問

こたつの天板の裏が湿ったようになって、布団も湿ったように感じるのはなぜですか?

結露が原因です。こたつのヒーターで温められた空気が天板の冷たさで冷まされ結露すると、天板の裏が濡れたような状態になります。お部屋の温度湿度の関係で発生する現象で、掛け布団を干して乾燥させればおさまります。

こたつをホットカーペットや床暖房の上に使用してもいいですか?

はい、ご使用いただけます。敷き布団自体は、ホットカーペットや床暖房の上でご使用いただけます。組み合わせるこたつ布団台やホットカーペットの説明書もご覧になり正しくお使いください。

こたつ布団は洗濯はできますか?

「洗濯機洗い」「手洗い」「ドライクリーニング」など製品の特長に応じて表示をしておりますので、表示に従って洗濯をお願いします。

こたつ布団は干した方が良いですか?

天日干しして乾燥させることをお奨めします。寝具のお布団と同じく、天気の良い日には天日干しして乾燥させることをお奨めします。ただし、生地によっては日光により変色する場合がありますので、シーツなどを被せて干してください。

収納する前にすることはありますか?

天日干しして乾燥させてから収納してください。収納中も湿気を帯びることの無いようご注意ください。


こたつの発祥

こたつの発祥は、室町時代とされている。囲炉裏の上に※1⼩さな台を組んで、その上に※2⾐服を被せて暖を取った事が起源と⾔われている。まず、こたつの誕⽣の要因として、⽇本家屋の特徴が⼀番に考えられる。⾔うなれば、当時の⽇本の住宅事情は「冬にやさしくなかった」のである。⽇本の家づくりにおいて重きに置かれていたのは、*3「ジメジメとした暑さをいかに乗り切るか」ということだった。つまり、通気性の良い造りこそ⽇本家屋の要となっていたのである。そうなってくると、いくら囲炉裏で部屋を暖めようとも、暖かい空気は家にこもらず部屋の温度も上がらない。冷たい空気は下にいくため、⾜元は特に冷える。そこで、いわば⽣活の知恵として、こたつが考えられたのである。*4座敷が誕⽣し、畳の⽣活を中⼼とした「座の⽂化」が誕⽣したのも、この室町時代である。床張りの家から、畳張りの家へ。*5複数⼈が同じ⾼さの場所に座り、⼀箇所に集まる余裕ができたからこそ、こたつは⽣まれたのではないか。こたつの誕⽣には、畳⽂化の誕⽣が密接に関わっていたとも考えられるのである。つまり、こたつというのは、⽇本の⽣活様式から⾔って、理に適った、⽣まれるべくして⽣まれた、⽇本独⾃の⽣活⽂化だったのである。
※1 簀に脚をつけたような代物だったと考えられている。

※2 布団を被せていたという説もあるが、この時代に掛け布団はまだ存在しない。 ※3 徒然草において「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き⽐わろき住居は、堪へ難き事なり」との記述がある。
※4 当時の貴族の住宅様式であった「寝殿造」から「書院造」へと変化したのがこの時代である。
※5 寝殿造において「畳」は敷き詰めるものというよりも、置くものとして機能していた。いわば権⼒の象徴として使われていたのである。

こたつの発展

江⼾時代になると、囲炉裏の代わりに⽕鉢を使⽤する事で、⾃由な移動が可能になった「置きこたつ」、囲炉裏の位置を床より下に下げ、⾜を伸ばせるようになった「掘りこたつ」、さらには囲炉裏の周囲も床より下げる事で、⼤⼈数が⼊れる事が可能となった「⼤こたつ」の出現など、*1こたつの様式は急速に発展していった。武⼠の※2尾崎⽯城が記した絵⽇記「⽯城⽇記」には、江⼾時代の武⼠たちがこたつを使⽤している様⼦が描かれている。⼤きさなどから「置きこたつ」と推測できるが、こたつに⼊って寝そべる武⼠の姿や、談笑している姿を⾒ることができる。また、この時代から⽊綿の栽培が盛んになり、⽊綿問屋の登場など、「綿産業」が町⺠の間で広まった。それに準じて、⽊綿製の布団もこの頃から⽣産が開始されている。 ちなみに、現在のかいまき布団の原型とされる「夜着」が誕⽣したのもこの頃である。(図.3)「⽯城⽇記」にも「こたつ布団」と思わしきものが描かれているが、当時⽊綿製の布団は*3⾼級品であった事から、⼀般的な寝具として使⽤されていた紙襖に藁を⼊れた布団ではないかとも考えられる。どちらにせよ、それまで⾐類をこたつ布団として代⽤していた時代から、寝具としての布団を「こたつ布団」として使⽤しだした時代へと変化して⾏ったことは定かである。このように、世相の変化や⽣活⽂化の発展と共に、室町時代に誕⽣したこたつも、その姿・形を徐々に変えて⾏ったのである。

※1 町⺠⽂化の発展が要因と考えられる。商⼈たちが⼤⼈数で⼀つの家に集まることで、⼤勢の⼈が⼊れるこたつが考えられたのではないか。
※2 尾崎⽯城(1829-186)忍藩の下級武⼠。「⽯城⽇記」は 1861 年-1862 年までの 178 ⽇の⽇常を記した絵⽇記で、幕末の武⼠の⽇常を詳細に描いている。
※3 ⼀枚三⼗両。現在の価値で、600 万〜900 万円にもなり、⽕事の際は⼀番に布団を持って逃げたという逸話も存在する。

庶⺠への普及

明治時代、開国による⻄洋⽂化の流⼊によって、都市部の⽣活様式は劇的な変化を起こした。いわゆる「⽂明開化」である。この頃から、※1農村地帯の⽣活様式が、江⼾時代の町⺠のそれと同じ様式になったと考えられている。要するに、⼟間中⼼の住宅から畳中⼼の住宅へと変化したのである。同時期に、薪や⽯炭を原料とした置き暖炉、*2「ストーブ」の本格的な輸⼊や⽣産が始まってはいたものの、隙間⾵の多い⽇本家屋において、部屋全体の空気を暖める⽅式のストーブは効率が悪く、庶⺠の間では相変わらず⽕鉢や囲炉裏、そして、こたつが使われていた。⼤正時代になると、電気・ガスなどのライフラインが普及し、暖房器具も、⽯油ストーブ、ガスストーブ、電気⽕鉢、電気ストーブなど、⼤きな発展を進めた。こたつも、⽊製の囲いに⽕鉢状の熱源を⼊れた、こたつ専⽤の熱源が誕⽣し、「移動こたつ」と呼ばれ⼤いに広まった。(図.4)また、昭和初期までには従来の炭を使ったこたつに代わって、電気こたつが登場した。⽊綿製の布団が⼀般庶⺠に広まり始めたのもこの頃である。ナショナル(現:Panasonic)が販売していた「ナショナル 電気こたつ」の広告にも、布団と⼀緒に使⽤しているシーンが描かれている。(図.6)ちなみに、明治末期、イギリスの陶芸家*3バーナード・リーチが東京・上野の⾃宅に作った掘りごたつが、⽇本で初めて⼀般住宅向けに作られた掘りごたつである。正座が苦⼿だったため、⾜を伸ばして座れる⽅法を考えて作られたものであり、昭和初期、志賀直哉が随筆で紹介し、庶⺠の間に「掘りごたつ」の様式を広める⼤きなきっかけとなった。このように、⽣活様式の劇的な変化、⼤衆⽂化の発展が進む中で、⽕鉢(または囲炉裏)とやぐらと布団を使って下半⾝を暖めるいわば「⽣活の知恵」が、「こたつ」という暖房器具として、庶⺠の間に認知されていったわけである。

※1 全世帯がそのようになったというよりも、憧れの住居として「畳敷の家」が対象になったわけである。当時庶⺠の間では畳を置くことすら許されていなかった。
※2 江⼾末期から函館ではイギリス商船で使われていたものを参考に、制作はされていた。
※3 バーナードリーチ(1887-1979)イギリスの陶芸家。ロンドン留学中だった画家の⾼村光太郎と知り合った事がきっかけで、1909 年に東京の上野に居を構えた。

こたつ台の登場

従来の「移動式こたつ」にはある⽋点があった。⾜が伸ばせなかったのである。⾜が伸ばせて、なおかつ、移動可能なこたつができないか?そのようなニーズが⽣まれたのも想像に難くない。最終的に、⾜も伸ばせて、なおかつ移動可能なこたつ、いわゆる「こたつ台」が全国に普及したのは後述する戦後、昭和 30 年代の話であるが、戦前の⼤正後期から昭和初期においても、こたつ台の発明は進められていた。テーブルの天板仮⾯に電球を取り付けた*1”上部加熱式やぐらこたつ”や、やぐらの天板下⾯に断熱材と反射板を取り付けた上でその下に熱源を置き、更に伸ばした⾜が直接触れないように熱源の下に⾦網を設置する、*2”安全反射こたつ”などがそれである。しかし、「加熱式やぐらこたつ」に関しては製品化されず、「安全反射こたつ」に関しては、販売は実現したものの、販路の弱さから東北地⽅のみでの普及となった。そして戦争が始まり、⽂化の発展は⼀時的にストップしたものの、昭和29年からの⾼度経済成⻑に伴って、⽇本の⽣活様式は再度急速な発展を進めた。特に家電業界においては、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の「三種の神器」に代表されるように、その発展は顕著なものがあった。このような、庶⺠の⽣活の急速な発展の中、*3昭和 32 年には東芝が「電気やぐらこたつ」の販売を始めた。最終的に、この「やぐらこたつ」は全国的なヒット商品となったものの、当初の売れ⾏きは芳しくなかった。熱源の⾊が理由だったという。従来の「やぐらこたつ」の熱源は⽩い⾊をしており、多くの⼈々が「これで本当に温まるのか?」と疑問を抱き、購⼊まで結びつかなかった。そこで昭和 35 年に、⽩い熱源を、⾚い⾊をした⾚外線ランプ式の熱源に変更したことで、「やぐらこたつ」は全国的なヒットとなった。こたつが誕⽣して、500 年、いよいよ「こたつ台」の登場である。爾来、⻑く愛されることとなる、こたつの主流が⽣み出された瞬間でもあった。

*1 東京市(当時)の平⽥東⼀、帝國電気株式会社のアイデア 2 件が実⽤新案として登録されている。
*2 昭和 7 年に富⼭県の井⽥源蔵が申請。昭和 10 年に販売開始。熱源はブリキ製の引き出しに炭を⼊れるものだったが、最終的には電熱式となった。
*3 前述の実⽤新案の期限が切れたことから、上部加熱式やぐらこたつへの参⼊が盛んになったと考えられている。

PayPay ペイペイ使えます

Amazonアカウントでお支払いができます amazon pay

R Pay 楽天ペイ使えます



レビューを書いて1000ptプレゼント

い草ラグカーペット DXランクス

置き畳 3連ユニット畳 パタパタ畳 82×246cm

い草ラグ カーペット DXラルフ D.STYLE カイハラデニム

洗えるラグカーペット ジェイド 撥水 防ダニ オールシーズン

シェニールラグカーペット アイリス オールシーズン撥水

タタミズキの畳替えオールインパック

2021年8月8

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2021年9月9

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
定休日

アプリ Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード