商品レビュー&画像付きお客様の声を投稿して1,000ポイントプレゼント

い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

カーペットとラグの違いを解説!

カーペットとラグの違い

ラグとカーペットの違い

カーペットとラグは、どちらも部屋に敷くインテリアファブリックの一種です。

売場でも「カーペット・ラグ」と、一緒にされがちなので、同じものと思っている方も多いのですが、実は両者にはいくつかの違いがあります。

実際にカーペットやラグを購入する際、目当てのものをきちんと探せるよう、カーペットとラグの違いをしっかり覚えておきましょう。

目次

  • カーペットとラグは、サイズと敷き方に違いがある
  • どちらを選ぶか迷ったときは、ニーズや目的をチェック!

カーペットとラグは、サイズと敷き方に違いがある

ラグとカーペットの違い

カーペットとラグの違いは、サイズと敷き方にあります。

カーペットは、もともと繊維製の敷物全般を表す総称ですが、現在はラグと区別するために、3畳よりサイズが大きく、かつ床全面に敷き込めるものを「カーペット」と称しています。 日本語では、同様のものを「絨毯」といいますが、近年はカーペットという呼び名が主流となっています。

一方でラグは、サイズが3畳未満の小ぶりな敷物のことです。 1畳~2.5畳程度のものが多く、「部屋に敷きこむ」というより、部屋に「置く」または家電・家具の下に「敷く」といった使われ方をするのが一般的です。

形やサイズも製品によってまちまちで、丸型や楕円型、クッションタイプなど、バリエーションが豊富なところもラグならではの大きな特徴です。なお、1畳未満の敷物は「マット」と呼ばれ、ラグとは区別されます。

カーペットとラグ、どちらを選べばいい?悩んだ時はニーズや目的をチェック!

ラグとカーペットの違い

カーペットとラグ、どちらを選べばいいか迷ったときは、カーペットとラグ、それぞれの特徴を踏まえて考えてみましょう。

カーペットの特徴

ラグとカーペットの違い

カーペットの特徴は以下の通りです。

  • 広範囲に敷き込める
  • 防音対策ができる
  • 滑りやズレが気にならない
  • 好みの形にカットできる

それぞれ解説していきましょう。

広範囲に敷き込める

「小さな子供がいて、転倒が心配」「フローリングの冷えが気になる」という方は、広範囲に敷き込めるカーペットがおすすめです。

床のすべてをカバーできるので、どこを歩いても硬さ・冷たさを感じにくく、転倒時にケガをするリスクや、足元の冷えを軽減できます。

防音対策ができる

アパートやマンションの2階以上に住んでいて、階下への騒音が気になる…という場合は、すき間なく敷き込めるカーペットを選ぶのがおすすめです。

布製品には音や振動を吸収する作用がありますので、音が響きやすいフローリングをカーペットでカバーすれば、階下への騒音対策に役立ちます。

滑りやズレが気にならない

部屋全体にぴったり敷き込めるカーペットなら、滑ったりめくれたりする心配がありません。 特に小さいお子さんがいるご家庭は、床面との密着性が高いカーペットを選んだ方が安心でしょう。

好みの形にカットできる

カーペットはほとんどの製品でカット加工に対応しているため、自分の好きなサイズ・形にアレンジすることができます。

家具・家電を設置する部分だけカットすれば、いちいち上に乗せたものを移動させなくても取り外し・交換が可能です。

ラグの特徴

ラグとカーペットの違い

ラグの特徴は以下の通りです。

  • 一人暮らしの部屋に最適
  • 季節や気分に合わせて模様替えができる
  • こまめに洗濯ができる
  • 費用を節約できる

それぞれ解説していきましょう。

一人暮らしの部屋に最適

一人暮らしで部屋のスペースが限られているという方は、手軽に敷けるラグを選ぶのがおすすめです。

やや大きめのラグを選べば部屋の大半をカバーできるため、いちいち部屋の寸法を測らずに済みます。

季節や気分に合わせて模様替えができる

カーペットは一度敷き込むと、交換に手間や時間がかかりますが、小型のラグなら設置も移動も簡単に行えます。

夏は涼しげない草のラグ、冬は毛足の長いあったかラグなど、季節や好みに合わせて模様替えしたい方におすすめです。

こまめに洗濯ができる

一度敷き込むと取り外しが難しいカーペットに対し、ラグは設置も取り外しも簡単なので、手軽に洗濯することができます。

ラグの種類によっては家庭用洗濯機で洗えるものもあるため、こまめに洗濯して清潔な状態をキープしたいという方は、小型のラグを選びましょう。

費用を節約できる

カーペットやラグの価格は製品によって異なりますが、部屋全体に敷き込むタイプのカーペットは、商品の代金とは別に、カット加工代が必要になります。 そのため、同じ価格ならカーペットの方が費用を節約することができます。

カーペットとラグはサイズと使い方に違いあり!ニーズに合わせて選ぼう

ラグとカーペットの違い

カーペットとラグはサイズと敷き方に違いがあるため、どちらを選べば良いかは人によって異なります。

広範囲に敷き込んで、転倒や滑りを防止したいのならカーペット。季節や気分に合わせて模様替えしたいのならラグなど、ニーズや目的に合わせて選ぶようにしましょう。

イケヒコ・コーポレーションオンラインショップでは、多種多様な形・デザイン・サイズのラグ・カーペットを取り扱っています。ぜひご覧ください。

ラグ・カーペットはこちら
イケヒコ公式オンラインショップ