商品レビュー&画像付きお客様の声を投稿して1,000ポイントプレゼント

い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

逆流性食道炎と寝姿勢には密接な関係が!最適な枕を選びましょう!

逆流性食道炎と寝姿勢には密接な関係が!最適な枕を選びましょう!

逆流性食道炎と寝姿勢の関係

みなさんは、逆流性流動炎をご存知でしょうか。

放っておくと重症化してしまって深刻な症状を起こしてしまいますので、非常に危険な病気となっています。軽度の症状は誰しもが経験したことがあるようなものですが、頻繁に発生するようであれば注意が必要です。

また、逆流性食道炎と寝姿勢には密接な関係があることをご存知でしょうか。
本記事では、逆流性食道炎と寝姿勢の関係性について詳しくご説明したいと思います。

目次

  • 逆流性食道炎と寝姿勢の関係について
  • 逆流性食道炎の寝る時の姿勢は?

逆流性食道炎と寝姿勢の関係について

逆流性食道炎と寝姿勢の関係

逆流性食道炎と寝姿勢の関係性は非常に密接しています。これは、逆流性流動炎が発生する状況を考慮したときに、枕を考慮することによって症状を緩和させることができるからなのです。

逆流性流動炎がどのようにして起こっているのかメカニズムを理解し、理解を深めることによって枕が如何に重要かを知ることができます。

ここからは、逆流性流動炎や寝るときの姿勢などについて詳しくご説明したいと思います。

  • 逆流性食道炎とは?
  • 逆流性食道炎になりやすい人
  • 逆流性食道炎の寝る時の姿勢は?
  • 逆流性食道炎の治療や症状

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、非常に強い酸性の胃液や胃で消化されている最中の食物が、胃から食道を逆流してしまって、食道が炎症を起こしてしまう症状です。

胃液や消化されている最中の食べ物は、非常に梅雨い酸性を持っていますので、食道が焼けただれてしまいます。

逆流性食道炎になりやすい人

逆流性食道炎には、なりやすい人となりにくい人がいます。

逆流性流動炎になりやすい人とは、ズバリ油っこいものを好んでたくさん食べる人であると言えます。

また、お酒が好きな人は必然的に飲酒の機会が多発した結果、飲んだ後の〆のラーメンといったように過食が発生することも多くなります。

そのほか、現代社会はストレスがかかりやすいと言われていますので、ストレスが多い環境下など胃液を多量に分泌する生活スタイルの人などが逆流性流動炎になりやすい人であると言えるでしょう。

逆流性食道炎の治療や症状

逆流性流動炎の症状とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
ここからは、具体的な症状についてご説明したいと思います。

  • 胸やけ

みぞおちより胸下の間において、焼ける感じであったり染みるような感じがあります。

  • 胃もたれ

胃の中で食べ物が適切に消化されないことによって、消化不良となり胃もたれが発生します。

  • 胸が痛い

胸が締めつけらた感じとなり、非常に強い痛みを伴います。

  • お腹が張る

便通が悪いわけではないにも関わらず、お腹が張ったような症状となります。

  • 耳の違和感

耳の奥のあたりから痛みが発生します。また、状況によっては耳鳴りが発生します。

  • 声がかすれる

風邪でもないのに、声のかすれが発生します。また、滑舌の悪化や高音の声が出すことが困難となります。

  • せきが出る

風邪でもないのに、せきが発生します。また、気管支炎のような症状も発生します。

  • のどの違和感

のどに痛み伴います。また、いがらっぽくなったり食べ物が嚥下しずらくなったりします。

  • 呑酸・げっぷ

すっぱい胃酸が口の中に逆流します。また、げっぷの回数が多くなります。

このように、逆流性流動炎では様々な症状を人体へ引き起こすのです。
それでは、逆流性流動炎の治療方法はどのようなものがあるのでしょうか。
治療方法は、大きく分けて次の2種類となっています。

  • 薬物療法

「PPI(プロトンポンプ阻害薬)」や「H2ブロッカー」など、胃酸が発生する量を低減させる薬を投薬することによって治療します。

  • 生活習慣の改善

上述したように、過食は逆流性流動炎の大きな要因であり、食後にすぐに横になるといった行動も大きな原因の1つです。これらの背景から分かるとおり、自身が送っている生活習慣を起因として、逆流性食道炎が起こっている可能性も高くなっているのです。

生活習慣の中には、肥満・喫煙・飲酒・腹部の締めつけ・前屈みの姿勢が多いこと・便秘なども、逆流性食道炎を発生させる要因となります。そのため、生活習慣を改善することが逆流性流動炎の治療へと繋がることも多くなっています。

逆流性食道炎の寝る時の姿勢は?

横になるとことによって、地球に存在する重力を要因とし、胃の中の食べ物などが食道へと逆流しやすい状況となります。

そのときに、右側を下にすることによって下部食道括約筋の圧が低くなり、より一層逆流しやすい状況となってしまいます。横を向くときは左側を下にしたほうが良いと言われています。

また、一般的に寝るときの姿勢で逆流を低下させるためには枕を少し高くしたり、ベッドを少し起こして頭を高くして寝る姿勢が良いとされています。

快適な枕を選びましょう

逆流性食道炎と寝姿勢の関係

ここまで、逆流性食道炎と寝姿勢の関係性についてご説明させて頂きました。

逆流性食道炎と寝姿勢がいかに密接な関連性を秘めているのかご理解頂けたと思います。

逆流性流動炎にお悩みの方にとって、本記事が少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

イケヒコ公式オンラインショップ