い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

おしゃれなブラウンのラグをご紹介

ラグ ブラウン
ブラウンのラグを敷くことで、室内がナチュラルであたたかみのある雰囲気になります。 ブラウンのラグは性別や年代を問わず好まれる傾向にあり、リビングや夫婦の寝室の他、単身で暮らす方からもよく選ばれる色の一つです。
一方、ブラウンのラグは単調な室内になりやすい点や、自分ならではのこだわりを出しにくい点がデメリットといえるでしょう。
本記事では、ブラウンのラグを室内に取り入れるポイントを紹介します。

ブラウンのラグを取り入れるポイント

ブラウンのラグは年齢や性別を問わず人気です。室内にブラウンのラグを敷くことで、家族で過ごすのに適したあたたかみのある空間になります。
また、単身世帯の方からもブラウンのラグはインテリアのしやすさや、ブラウンならではの落ち着きが好まれて選ばれることが多いです。
以下、ブラウンのラグを取り入れるポイントを3つ紹介します。

ブラウンの濃淡に着目する

ブラウンは中間色や温暖色の性質を持つ色です。 ブラウンはオレンジや赤色などの暖色に黒が加わった色で、やわらかな落ち着きやあたたかみがある色といえます。 また、ブラウンはどの色とも馴染みやすく、赤色や緑色、紫色などとも相性が良いです。
ブラウンのラグと一括りでいっても、濃淡によって与える印象は大きく変わります。 例えば、濃いブラウンのラグはシックで落ち着いた室内に合う他、和テイストの室内との相性の良さも特徴です。
また、渋い雰囲気の室内を好む方にもおすすめできます。 一方、淡いブラウンのラグはふんわりとした雰囲気の室内を好む方や、ガーリー系の室内を好む方におすすめです。

床の色を考慮する

ブラウンのラグを選ぶにあたって、カーテンや家具の色を考慮する方は多くいます。 しかし、床に直接敷くラグは、床の色との調和についても考える必要があります。 ブラウンのラグはどの床とも比較的に合いやすいものの、床の色を考慮することでより室内の色彩バランスを整えてくれます。
例えば、ナチュラルな木目の明るい床にライトブラウンのラグを敷くと、解放感があり明るい雰囲気になるでしょう。 一方、ダークブラウンのラグを敷くと室内全体が引き締まり、重厚感を出せるはずです。
また、濃い茶色の床にライトブラウンのラグを敷くとラグが際立ち、ダークブラウンのラグを敷いた場合は床とよく馴染みます。
室内のイメージを決めた上でブラウンの濃淡を検討することで、思い描くイメージに合ったラグに出会えるはずです。

素材、もしくは柄を適度に組み合わせる

ブラウンのラグはどの室内にも合わせやすい一方、単調になりがちです。 例えば、茶色やアイボリー系でまとめた室内にブラウンのラグを敷くと、華やかさに欠けると感じる方もいるかもしれません。
ブラウンのラグを選ぶ際、素材や柄にも着目して組み合わせると室内全体がおしゃれに見えます。 例えば、毛が長いブラウンのラグを敷けば室内がゴージャスに見えるでしょう。
また、花や植物などの柄が描かれたラグは室内を華やかにします。 柄が入ったラグを敷くことでミニマルな室内も、おしゃれになるのでおすすめです。

まとめ

ブラウンのラグはどの室内とも比較的に合わせやすいアイテムです。 また、ブラウンはあたたかみある室内や落ち着いた室内を好む方にもおすすめできます。
一方、ブラウンのラグは個性に欠け、単調になりやすいというデメリットもあるでしょう。 こうした場合、濃淡や毛の長さ、あるいは柄に着目することで室内を華やかにできます。
無効化する