い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

おしゃれなグレーラグをご紹介

ラグ グレー
グレーのラグはどのようなお部屋とも調和しやすく、多くの方たちから選ばれる傾向にあります。 ラグをインテリアの主役にすることもできますが、家具やカーテンのデザインの魅力を引き出せる点も特徴です。
本記事では、グレーのラグをお部屋に取り入れる際のポイントをご紹介します。

グレーのラグを取り入れるポイント

グレーのラグはさまざまな色と合わせやすく、黒ほど主張が強くないため、インテリアとして取り入れやすい色の一つです。 そのため年齢や性別を問わず、幅広い層の方から好まれています。
グレーのラグは合わせ方によって室内の雰囲気を大きく変えることができます。 グレーはどの色彩とも比較的調和しやすいからこそ、お部屋全体の色彩やラグの濃淡を考慮して、よりバランスの取れた室内を目指すようにしましょう。 細やかな所にも気を配ることで、ハイセンスで、高級感のある室内になるはずです。
以下、グレーのラグを取り入れる際のポイントを3つに分けて紹介します。

濃薄を考慮する

グレーのラグは濃淡に関係なくさまざまなインテリアと調和しやすいため、多くの方たちから選ばれます。 しかし、グレーが持つ色の軽さと重さに着目することで、お部屋のバランスを取ることができます。
ライトグレーのラグはお部屋全体が軽く、シンプルな雰囲気になります。 また、ライトグレーのラグはピンクや白色の家具やカーテンとの相性もよく、合わせ方によってはかわいらしいお部屋になるでしょう。
一方、ダークグレーのラグはシックで大人っぽいお部屋を好む方や、落ち着いたお部屋を好む方におすすめできます。 ダークグレーのラグは茶系で統一されたお部屋とも相性がよいですし、白色を基調としたお部屋に敷くとワンポイントになりおしゃれです。

床の色に調和する色を選ぶ

グレーのラグをお部屋に敷く場合、床の色に調和するかも確認してみてください。 近年、デザイン性が高いマンションや戸建ては増えており、床の色もさまざまです。 ライトブラウンやダークブラウンの床の他、白色の床も多いです。
例えば、ライトブラウンの床にダークブラウンのラグを敷くと、部屋全体が引き締まり、シックな雰囲気になります。 一方、白色の床にライトブラウンのラグを敷くと、部屋全体が明るくなるでしょう。

含まれる色味を考慮する

グレーを基調としたラグでも柄や差し色が入っていると、イメージが変わります。 また、グレーだけではなく、他の色が入っているラグはお部屋の雰囲気を華やかにしてくれるはずです。
例えば、茶色を基調としたお部屋に柄のないグレーのラグを敷くと、シンプルなお部屋になります。 見方や好みによっては、部屋全体が彩りに欠けるように感じるかもしれません。 同じお部屋であっても、グレーベースでカラフルな花が描かれたラグや、華やかな色味のワンポイントが入ったラグを敷くことで、全体が明るくなるでしょう。

まとめ

グレーのラグはふんわりとしたお部屋を好む方や高級感があるお部屋を好む方、あるいはシンプルなお部屋を好む方におすすめできます。
グレーは濃淡を問わず合わせやすい色の一つですが、お部屋のイメージに合わせて濃淡を意識すると、お部屋とのバランスをさらに高められるでしょう。
また、グレーのラグはシンプルになりがちですが、毛の長さや光沢に着目することで、自分らしさ溢れるラグを選択できるはずです。
ぜひ、この記事を参考にして自分に合ったグレーのラグを見つけてみてください。
無効化する