おしゃれな黒色ラグをご紹介

ラグ 黒色
黒色のラグはお部屋全体をおしゃれにできるため、ハイセンスな方たちからも人気を集めています。 かっこいいお部屋を好む男性はもちろん、性別を問わず落ち着いた雰囲気を好む方におすすめできるアイテムです。
本記事では、黒色ラグを取り入れるポイントを3つの観点から紹介します。

黒色のラグを取り入れるポイント

黒色のラグをお部屋に上手く取り入れることで、シックかつおしゃれな室内になると期待できるでしょう。
一方、黒色のラグは他の色のラグと比較して存在感があります。 そのため、手持ちの家具やカーテンと調和しないことも多く、ラグとして取り入れるのが難しいケースもあるかもしれません。
そこで以下、黒色のラグをお部屋に取り入れる際のポイントを紹介します。

柄や素材をポイントにする

黒色は落ち着きのある色味であるものの、お部屋内では圧迫感が出たり、地味になりすぎたりすることもあります。
こうしたケースにおける対策として、黒一色のラグではなく、柄が入ったラグの選択がおすすめです。 黒色のラグであっても柄が入ったラグは無地のラグと比較して、お部屋に調和しやすい傾向にあります。 例えば、黒ベースのラグに植物や動物が描かれたラグは、室内を華やかにするでしょう。
また、ドットやストライプが全体に入ったラグは、黒一色のラグよりも合わせやすいケースも多いです。
あわせて、黒色のラグを選ぶ際、素材に着目するのもおすすめです。 柔らかな雰囲気があるシャギーやスタイリッシュな印象を与えるポリエステルなど、お部屋の雰囲気に合った素材を選択してみてください。

鮮やかな色を加え、バランスを調整する

黒色でまとまったお部屋はエッジが効いており、スタイリッシュです。 しかし、ラグのデザインや家具の色などによっては、どこか重々しい印象の室内になることも少なくありません。
このような問題を解決する方法として、鮮やかな色をアクセントとして加える方法があります。 ベージュや白色、パステルカラーなどを差し色として取り入れることで、お部屋全体にあたたかみが出ます。
例えば、黒色のラグの上にアイボリーのクッションを置くと、お部屋全体がふんわりとした雰囲気になるはずです。 また、黒色のラグが敷かれたモノトーン調のお部屋に、季節の草花を飾ると華やかになります。

毛足の長さに着目する

黒色のラグの一口でいっても、ラグの毛足の長さにより、お部屋の印象が大きく変わるはずです。 毛足が短いラグはカジュアルな雰囲気になり、毛足が長いラグはラグジュアリーな雰囲気になります。
また、毛足の長さは掃除のしやすさにも大きく関係します。 毛足が短いラグは埃や汚れを取り除きやすく、扱いやすいのも特徴です。

まとめ

黒色のラグと一括りでいっても、デザインや毛足の長さによってお部屋の雰囲気が異なります。 例えば、毛足が短い黒一色のラグを敷くとエッジが効いたお部屋になるでしょう。 一方ストライプやドットなどの柄が入ったラグを敷くと、かわいらしいお部屋になります。
このように黒色ラグにもさまざまな種類があるため、販売店を巡って自分好みのラグを探してみるのも楽しいはずです。 ただし、黒色のラグは存在感があることからも、購入する際はどのようなお部屋にしたいか決めた上でラグを選択してみてください。
お気に入りの黒色のラグをお部屋に敷いて、自分好みの室内でお家時間を楽しみましょう。
無効化する