い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

モケットとは?上質な手触りが癖になる布地を紹介

モケット ソファ
上質な見た目や触り心地のよさが特徴のモケット。モケットは私たちが目にする機会が多い生地の一つで、劇場の椅子やカーシートにも使用されています。
また、高価なソファーや椅子に用いられることも多い布地となっています。喫茶店やホテルなどラグジュアリーな雰囲気を出すことが好まれる空間で、モケットが用いられている家具が選ばれることも少なくありません。
本記事では、モケットの基本を理解した上で、モケットの特徴と用途やメンテナンス方法などについて解説します。

モケットとは?

モケット 素材
モケットとは毛織物の一種で、ウールのパイプや化学繊維を織り出し、布の片面にのみ模様を施した織物です。モケットはパイル糸が前後左右に動くため織物のコアが痛みにくく、優れた耐久性が特徴となっています。
表面のパイルは毛足が短くなっており、起毛仕立てになっているものが多く見受けられます。表面の繊細な美しい模様もモケットならではの特徴といえるでしょう。
また、モケットは長時間座っていても肌が蒸れにくいため、季節を問わず快適に利用できます。そのため、座席シートやカーペットに用いる素材としても人気です。

モケットの特徴と用途

モケットは耐久性と柔らかさを兼ね揃えているため、さまざまな用途に利用されています。 例えば、モケットが用いられている製品には以下があります。
  • ・バス、鉄道車両、航空機などの座席
  • ・劇場や映画館の座席
  • ・高級感のあるソファや椅子(喫茶店、ホテル、自宅など)
  • ・カーペット
モケットは耐久性に優れており、肌ざわりがよいため座席シートに用いられることが多いです。また、見た目の華やかさからも、劇場やホテルに置くソファの素材としても好まれる傾向にあります。
モケットは一般家庭で利用するカーペットの素材としても人気です。薄手で軽いだけでなく、材質によっては洗濯機で洗えるため、家庭でも扱いやすいと評判です。また、モケットは熱に強く、保温性があるため、ホットカーペットにも用いられています。

モケットのメンテナンス方法

モケットは適切なメンテナンスを行うことで、きれいな状態を長期的に保つことができます。 以下、モケットのメンテナンス方法について確認していきましょう。

定期的なお手入れ方法

モケットの定期的なお手入れ方法は合成皮革と似ています。掃除機でゴミを吸い取ったり、柔らかいブラシを使ってブラッシングをしたりします。
シミなどの汚れが気になる場合、柔らかい布に中性洗剤を溶かしたぬるま湯を付け、よく絞って汚れを拭き取ってください。汚れを拭き取った後、柔らかい布で乾拭きをします。この作業を行う際は、毛の順目に則して拭くようにしましょう。

飲み物をこぼした、食べ物の汚れが付着した場合

飲み物や食べ物の汚れは、できる限りスピーディーに対処する必要があります。柔らかい布を中性洗剤を薄めたぬるま湯に浸し、固く絞った後で拭き取ります。モケットを拭く際は、毛の順目方向に従って拭いてください。
生地を傷めないようにするため、水拭きで洗剤をしっかりと拭き取った後、乾拭きしてください。自然乾燥を行い、水気を完全に取ることも忘れないようにしましょう。

目立つ汚れがある場合

モケットに目立った汚れがある場合、テキスタイル専用のクリーナーを使用します。モケットの布地を傷めないようにするため、使用前には各クリーナーの取扱説明書を熟読し、指示されている方法に従って使うようにしてください。
また、モケットと一括りでいっても、布地や素材感は製品によって多少なりとも異なります。クリーナーを目立たない場所で使い、使用感について事前に把握しておくことをおすすめします。

モケットをお手入れする際の注意事項

モケットはホットカーペットに用いられることも多い生地ですので、耐熱性がある程度あるといえるでしょう。しかし、熱に強いわけではないため、お手入れの際には注意が必要です。
例えば、スチーム洗浄機の使用は控えるようにしてください。スチーム洗浄機の熱により、モケットの毛が溶け、抜ける恐れがあります。

まとめ

モケットは高級感がある見た目が特徴であるばかりでなく、通気性のよさや扱いやすさなどから実用性にも優れている布地です。
モケットは機能性に優れているため、日常生活で使用するさまざまな製品に用いられています。例えば、電車や劇場、喫茶店などでモケットが用いられた座席を目にすることも多いです。
モケットは耐久性に優れているため、適切な方法でメンテナンスを行うことで、美しい状態を長期的に保つことができます。汚れを定期的に吸い取ったり、拭き取ったりすることの他、シミなどの汚れが見つかった場合はスピーディーに対処するようにしましょう。
お手入れの際は生地を傷つけないためにも、お手入れ方法や利用するクリーナーの使用方法を必ず守るようにしてください。
無効化する