商品レビュー&画像付きお客様の声を投稿して1,000ポイントプレゼント

い草・畳・こたつ・ラグ・カーペットのイケヒコオンラインショップ

布団の洗濯方法

毎日使う布団には寝ている間の汗や体から出る皮脂が染み付いていて、意外と汚れが蓄積しています。布団を洗濯に出したいけれど、頻繁にクリーニングに出すのはお金がかかってしまいます。 しかし、実は布団のなかには自宅で洗える素材の品物もあり、意外と簡単に洗濯できてしまうのです。 そこで今回は布団の洗濯方法について解説します。布団を洗濯する方法を知って、いつでも清潔な布団で快適な睡眠を取りましょう。

まず洗濯できる布団かを確認する

布団の洗濯方法を解説する前に、まずご自宅にある布団が洗濯可能なものかどうかを確認しましょう。布団を購入したときに丸洗いできるタイプのものを購入したのであれば、問題なく洗濯できます。丸洗いできるタイプかわからない場合は、布団についている洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示に「手洗いマーク」「洗濯機マーク」がついていれば洗濯可能です。このうち「洗濯機マーク」がついている場合は洗濯機で洗えます。もしこのマークにバツ印がついている場合は自宅では洗濯できない布団ですので、クリーニングに出す必要があります。

布団を自宅で洗濯する方法

では「手洗いマーク」「洗濯機マーク」がついていた布団を自宅で洗濯する方法を2つ紹介します。「洗濯機マーク」がある場合はどちらの洗い方でも構いません。洗濯表示で「洗濯機マーク」にバツ印がついている場合は、必ず浴槽での洗濯をしましょう。

洗濯機を使って洗濯する方法

ではまず洗濯機を使って洗濯する方法から解説します。洗濯機を使って洗う場合は布団が入るサイズの洗濯ネットを用意しましょう。洗濯機のサイズによって洗える布団が変わってくるので、まずは洗濯機のサイズと洗いたい布団の種類を確認してください。サイズの目安は以下の通りです。

洗濯機の容量が5kgの場合 洗濯機の容量が7・8kgの場合
シングルの肌布団・敷きパッド シングルの掛け布団
セミダブルサイズの肌布団・敷きパッド ダブルサイズの敷きパッド

1. 布団を洗濯ネットに入れる

布団を洗濯機に入れるために、丸めて洗濯ネットに入れます。布団を縦に3つ折りし、端からくるくると空気を抜きながら巻いていきましょう。そのまま洗濯ネットに入れます。もし中綿が綿の場合は、2・3箇所紐で結んでおきます。こうすることで綿がよれてしまうのを避けられますよ。

2. 洗濯機に水を入れて洗剤を溶かす

洗濯機に水を張り、そこに中性洗剤を入れてしっかり混ぜましょう。布団を入れる前に洗剤を溶かしておくことで、布団全体に洗剤が行き渡ってムラなく洗えます。

洗濯機のコースは「大物洗い」「毛布」「手洗い」などを選んでください。同じコースがない場合は、デリケートな衣類を洗うときに選択するコースを選びましょう。

3. 一度洗濯機を回して放置する

洗濯機に布団を入れたら、一度洗濯機を回したのち一時停止して10分程度放置しましょう。そうすることでしっかり布団に洗剤と水が染み込みます。

4. すすぎまで回して柔軟剤を入れる

洗濯機の一時停止を解除してそのまま洗濯機を回します。すすぎで一旦止めて、柔軟剤を入れましょう。このとき布団に直接柔軟剤がつかないように気をつけてください。

5. 脱水する

あとは普通に脱水を行いますが、長時間脱水すると布団が傷んでしまいます。脱水時間は1分程度にしてください。

浴槽を使って洗濯する方法

洗濯機に入らない布団や「手洗いマーク」しかついていない布団の場合は、浴槽を使って洗濯します。

1. 予洗いをする

まずシャワーを使って予洗いをしましょう。布団全体にシャワーをかけて、汚れや埃を落とします。

2. 浴槽にぬるま湯を入れて洗剤を溶かす

布団がしっかり浸かるくらいの量のぬるま湯を浴槽に張ります。ぬるま湯を入れたら洗剤を投入し、しっかり混ぜましょう。熱すぎるお湯では布団が傷んでしまいますので、38度くらいを目安としてください。

3. 布団を浴槽に入れて踏み洗いをする

浴槽のなかで踏み洗いをします。布団を裏返しながら踏み洗いをするとムラになりづらいです。

4. すすぐ

しっかり踏み洗いをしたら一旦浴槽の水を抜きます。新しく水を入れて踏み洗いですすぎましょう。これを洗剤の泡が出なくなるまで繰り返します。完全に泡が出なくなったらもう一度すすいで、洗剤を完全に洗い流してください。最後にしっかり踏んで水を切りましょう。

5. 浴槽にかけて水抜き

浴槽の縁に布団をかけて水抜きをします。布団の中間部分を浴槽の縁にかけて1時間程度放置してください。

布団の干し方

洗濯機で洗った場合でも浴槽で洗った場合でも、物干し竿を2本使って日陰で風がよく通る場所に布団を干します。真ん中を軽く弛ませ、M字のようにして干すと乾きが早いです。できるだけ物干し竿の間を開け、しっかり風が通るようにしてください。

コインランドリーでも布団は洗濯できる

「洗濯機マーク」がついていて「乾燥機マーク」もついている布団なら、コインランドリーで洗うのが楽ですし時短にもなります。ご家庭の洗濯機が小さい場合は、コインランドリーの大型ドラムで洗濯しましょう。

1. 自宅で洗う準備をしておく

コインランドリーで大きな布団を広げたり丸めたりするのは大変です。自宅で布団を縦に三つ折りし、端から空気を抜きながら丸めて、洗濯ネットに入れておきましょう。この場合も中綿が綿の場合は布団を2・3箇所しばっておいてください。

2. 最適なドラムサイズを選ぶ

コインランドリーにはさまざまなドラムサイズの洗濯機があります。布団のサイズに合わせて最適なサイズを選びましょう。大きなドラムサイズがないコインランドリーもありますので、事前に調べておくことをおすすめします。

3. 中性洗剤を入れて洗う

コインランドリーに中性洗剤を入れて洗います。あとは洗濯が終了するまで待ちましょう。

4. 乾燥機に布団を入れる

できるだけ大きなサイズの乾燥機を選んで布団を入れます。布団をしばっていた場合は、紐を解いてから乾燥機に入れましょう。布団の種類にもよりますが、厚みがある布団なら1時間は乾燥機を回してください。1時間経ってまだ湿りを感じるのであれば、時間を追加して乾燥機を回しましょう。

乾燥機から出したばかりの布団は、熱を持っているため乾いたように感じるかもしれません。しかしその状態ではまだ湿気を含んでいる可能性があります。少し冷まして湿気がないか確認してください。コインランドリーの乾燥機は長時間回すとお金がかなりかかります。ある程度乾かしたところで自宅に持ち帰り、物干し竿を2本使って風通しのいい日陰で乾かしてもいいでしょう。

適度に布団を洗濯していつでも清潔に

今回紹介した通り、洗濯OKな素材で作られている布団なら自宅でも簡単に洗濯できます。まずは洗濯表示をチェックし、問題がなければ洗濯してみましょう。毎日使う布団だからこそ、適度に洗濯していつでも清潔な状態をキープすることが大切です。

「今使っている布団は洗濯できなかった」という方は、この機会に丸洗いができる布団を購入してみてはいかがでしょうか。IKEHIKOオンラインショップでは洗える寝具を取り扱っています。安心の日本製ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
イケヒコ公式オンラインショップ